OBS Studioでnvencの画質を見てみよう

どうもltakeshiです
今回は前回GNU/LinuxでShadowPlay風な環境構築で構築した環境での画質や、それをyoutubeやニコ動にうpしたときの画質を見ていきたいなと思います

環境

今回録画した環境は

  • CPU: Core i7 4790k
  • GPU: GTX980
  • メモリ: 16GB
  • 録画ソフトウェア: OBS Studio

といったかんじです
この環境下でいろいろ試してみたいと思います

スポンサーリンク

録画設定

OBS StudioでNvencを用いて録画するとき録画品質は以下の四種類が使えます

  • 配信と同じ
  • 高品質,ファイルサイズ中
  • 超高品質,ファイルサイズ大
  • 無損失品質,ファイルサイズ特大

この四種類が録画設定


なお詳細設定を行うことでCBR,VBR,CQP,無損失といった四種類のレート制御がそれぞれ行えるようになります

詳細設定できるけど…


今回いろいろ試してみましたが、正直満足いくような画質にはなりませんでした
ですので、“配信と同じ”を除いた三パターンで比較していきます

録画

ということで録画していきます
今回撮影に利用したゲームはSteam (OS & GNU/Linux)でオススメゲーでもおすすめしましたMiddle-earth: Shadow of Mordorです

録画した結果がこのような感じです
録画したファイルを並べてyoutubeとニコ動画それぞれにアップロードしてみました
が、正直画質にそこまでの差は無いような気がします
ちなみにそれぞれのファイルのビットレートなどをffproveで表示した結果は以下です

  
    $ ffprobe -hide_banner SoM-高品質-ファイルサイズ中.flv
    Input #0, flv, from 'SoM-高品質-ファイルサイズ中.flv':
    Metadata:
    encoder         : Lavf56.40.101
    Duration: 00:01:01.12, start: 0.000000, bitrate: 36601 kb/s
    Stream #0:0: Video: h264 (High), yuv420p(tv, bt470bg/unknown/unknown), 1920x1080 [SAR 1:1 DAR 16:9], 2500 kb/s, 62.50 fps, 60 tbr, 1k tbn, 120 tbc
    Stream #0:1: Audio: aac (LC), 44100 Hz, stereo, fltp, 128 kb/s

    $ ffprobe -hide_banner SoM-超高品質-ファイルサイズ大.flv
    Input #0, flv, from 'SoM-超高品質-ファイルサイズ大.flv':
    Metadata:
    encoder         : Lavf56.40.101
    Duration: 00:00:59.22, start: 0.000000, bitrate: 90869 kb/s
    Stream #0:0: Video: h264 (High), yuv420p(tv, bt470bg/unknown/unknown), 1920x1080 [SAR 1:1 DAR 16:9], 2500 kb/s, 62.50 fps, 60 tbr, 1k tbn, 120 tbc
    Stream #0:1: Audio: aac (LC), 44100 Hz, stereo, fltp, 128 kb/s

    $ ffprobe -hide_banner SoM-無損失品質-ファイルサイズ特大.avi
    Input #0, avi, from 'SoM-無損失品質-ファイルサイズ特大.avi':
    Metadata:
    encoder         : Lavf56.40.101
    Duration: 00:00:57.05, start: 0.000000, bitrate: 576539 kb/s
    Stream #0:0: Video: utvideo (ULY0 / 0x30594C55), yuv420p(bt470bg/unknown/unknown), 1920x1080, 575277 kb/s, 60 fps, 60 tbr, 60 tbn, 60 tbc
    Stream #0:1: Audio: pcm_s16le ([1][0][0][0] / 0x0001), 44100 Hz, 2 channels, s16, 1411 kb/s

  

このような感じでビットレートは高品質から超高品質でも3倍弱、高品質から無損失品質だと16倍弱ほどになってます
ファイルサイズもビットレートに準じた程度の増大をみせています
また、スクリーンショットも撮影して比較してみたのですがこちらも正直違いがわかるような状況ではありませんでした
一応このような感じです

高品質

超高品質

無損失品質

結論

ということで結論としてはニコニコやyoutubeにアップロードする予定の動画であるならば高品質で十分に実用に足る状態であるというのがわかりました
今後GNU/Linuxでゲーム動画を作る人の参考になれば幸いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

    2010.02.26

    バックアップ

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。